楽しく生きるための

こころを守るためにできること

2020/02/29
 
ネガティヴな言葉をはずしていく
 

今回書くことは、自らの実体験に基づく内容です。私は離婚前後の数年間、強い不安感と異常な心拍数と不眠に悩まされていました。その中で、なんとかその状況を打開したい一心で、本を読んだり、新しい場所に行ったり、人の話を聴くことをしました。その中で、ささやかではありますが、気づきがありました。誰かのお役に立てるのではないかと思いますので、ここに記します。

「…じゃないとダメ」「…ない」「…しなきゃだめ」をはずしていく

はずしていく、というのはどういう事かというと、

  • これらの言葉を口から出さないようにする
  • こころの中でも、これらの言葉を考えないようにする

ということです。

実は、自分がこれらの言葉をよく使っていた人間なのです。振り返れば、実母が当たり前のように使っていて、私は幼い頃から、これらの音をシャワーのように浴びてきていました。アタマに染みついてしまっていて、当然のことながら、これらの言葉を使って考えていました。

強い不安感・恐怖感、不眠に悩まされていた頃、私のアタマの中には次の言葉が常に渦巻いていました。

「お金がない」「将来、お金が足りなくなるに違いない」「子供たちは幸せな家庭で育った人たちにコンプレックスを感じながら生きていくに違いない」「私はもっとお金を稼がなきゃダメ」

…こんな言葉を思い浮かべ続けて、精神的にもつわけがないですよ(笑)。

上記の言葉はこうして振り返ってみると、大半は決めつけでした。

「…しなきゃダメ」は、難しい言葉です。一見、相手を励ます言葉にも聞こえるからです。その意味で、つい子どもにこの言葉をかけてしまう親御さんは多いと思います。(私の母も含め。)

では、ここでちょっと考えてみましょう。

「私はもっとお金を稼がなきゃダメ」

確かに、まあ、シングルマザーになっちゃったし、その通りです。でも、よーく考えると、「お金を稼がなきゃ」一体何がダメなんだよ?

私がダメなやつってこと?

自分のこと、ダメダメ思ってみたところで、なーーーーんの解決にもならないですね。

つまり「私はもっとお金を稼がなきゃダメ」という言葉、実はあまり意味のない、単に自己否定するだけの言葉だったんです。これらの言葉で自分を痛めつけるのは時間の無駄です。

ほかの誰かに向けて発することもやめたほうがよいのではないか、というのが私の考えです。相手をむやみに否定することになりますから…。

これらの言葉が浮かんだら、まず、消しましょう。

「…じゃないとダメ」「…ない」「…しなきゃだめ」の消し方

これらの言葉に慣れてしまっていると、なかなか抜け出せません。消そうったって、そんなカンタンなものではないです。分かっています。私もそうでしたから。

しかし、消せるようになりますし、だんだん頭に浮かばないようにもなってきます。それとともに、確実にメンタルは明るくなります!

  • ハサミをイメージする。そして、自分の周りの「…ない」「…ダメ」を、そのハサミを使ってちょきん、ちょきんと自分から切り離すことに集中する。

  • 風船🎈をイメージする。  そこに「…ない」「…ダメ」を詰めて、空に向かって、手放す。あなたの目の前に、きれいな青空が広がる。


やってみてくださいね。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© あやつり座2 , 2020 All Rights Reserved.