楽しく生きるための

江戸の年号 

 
 

1。慶長 1596ー1615

2。元和 1615ー24

3。寛永 1624ー44

4。正保 1644ー48

5。慶安 1648ー52

6。承応 1652ー55

7。明暦 1655ー58

8。萬治 1658ー61

9。寛文 1661ー73

10。延宝 1673ー81

11。天和 1681ー84

12。貞享 1684ー88 *竹本義太夫

13。元禄 1688ー1704

14。宝永 1704ー11

15。正徳 1711ー16

16。享保 1716ー36  *3人遣いの考案  辰松座

17。元文 1736ー41

18。寛保 1741ー44

19。延享 1744ー48

20。寛延 1748ー51

21。宝暦 1751ー64  *地方の祭礼でも3人遣いの記録あり

22。明和 1764ー72  *人形浄瑠璃: 江戸で人気

23。安永 1772ー81  *人形浄瑠璃: 江戸で人気

24。天明 1781ー89  *人形浄瑠璃: 江戸で人気

25。寛政 1789ー1801  *文楽座

26。享和 1801ー04

27。文化 1804ー18

28。文政 1818ー30

29。天保 1830ー44

30。弘化 1844ー48 ←妖怪あまびえが出現: 弘化3年(1846)の4月中旬頃

31。嘉永 1848ー54

32。安政 1854ー60

33。萬延 1860ー61

34。文久 1861ー64

35。元治 1864ー65

36。慶応 1865ー68

しかしこうしてみると本当に元号が変わりましたね。江戸時代。

今 Twitter で絵師さんたちの間で話題になっている妖怪アマビエは、弘化4年、肥後国(熊本県)に出た記録があるそうです。天保の改革のあとです。暗い時代で、打ちこわしや、大塩平八郎の乱なども起こった時期です。何か関係があるのでしょうか。願いを込めて描かれるアマビエさんが、今の新型肺炎の終熄にチカラを貸してくれますように。ナンセンス、と思われる方々も多いのでしょうが、希望を感じている人がいる、ということが大切なのではないかとおもいます。

今回の一覧表は、だいぶ前に紙に書いて、人形浄瑠璃の資料を読むとき見ていたものです。紙がもういいかげんボロボロになったのでここにまとめました。

(ちなみに今回のアイキャッチ画像は、私が描きました)



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© あやつり座2 , 2020 All Rights Reserved.