高齢猫の健康について注意すべきこと(1)

senior cat
皆さま、お元気でしょうか。

そうだ、そうだった。猫を飼っている方々にぜひともお伝えしたい事がございます。

2021年5月に、同居していた母が亡くなりました。その母は2021年1月下旬緊急入院となり、自宅にはそれ以来戻らずに他界したのですが、なんと母が病院で亡くなったその翌日に、自宅の猫がガックリと体調を崩しました。

驚きました。15歳という高齢猫ですので、なにがあってもおかしくないのですが、あまりにもタイミングが一致していたものですから、

「まさか、連れていかれるのか?」

と、子どもたちとゾッといたしました。

母の納棺式に、「おかあさん、〇を連れて行かないで」と頼もうと思っていたのに納棺式というのは生まれて初めてでしたのでテンパッたせいか、母に頼むのを忘れてしまい、

火葬式の時に、本当に母が焼かれる前の最後の時に、お願いしました。

「おかあさん、お願いだから、まだ、〇を連れて行かないで」

そして、母が可愛がっていたフェレット(母より1年前に亡くなった子)の写真を棺に入れました。天国で、その子に母と迷わず逢えるように、という長女の発案で。

その時、私はまだ、高齢猫の体について真に注意すべき事が分かっていませんでした。

甘かった。

母の死の直後、私と子供たちは、生死の境を彷徨う猫に翻弄されることになるのでした……。

つづく

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる